2011年10月01日

科学者達

マヤ「ああああああああああ!」

ミサト「どしたの!」

マヤ「はやぶさの化学スラスター全損!」

ミサト「何ですって!」

マヤ「更に燃料ガスが漏れ出してます!」

リツコ「まずいわねそれ。宇宙でガス漏れはつまり」

マヤ「機体が凍りつき始めてます!」

真田「ヤバいぞ、アンテナの角度だけでも維持できんのか!」

マヤ「・・・はやぶさ、応答ありません。完全に通信断絶」

リツコ「通信断絶で失敗て、のぞみの二の舞じゃないの」

ミサト「ここまできて何て事なの!」



川口「真田・・・どうでる」

真田「もはや待つしかありませんな。こういう時の為に自動的に態勢を制御するよう作ってある」

ミサト「つまり?」

真田「はやぶさ自身である程度復旧、制御するはずだ。姿勢が安定すればヤツが送信してくるだろう」

リツコ「この事態を想定してたってわけ?」

真田「まさかな、惑星間空域での行方不明イコール消失なのでな。少しいじっていたのさ」

川口「ならばビーコン通信に切り替えろ。何としてもはやぶさの位置を割り出すんだ!」
 

マヤ「ビーコンでの回線、不安定ですが繋がりました!」

ミサト「生きてたのね!」

マヤ「被害状況とイトカワタッチダウンの詳細は送られてきましたが、未だ居場所を特定できません」

リツコ「ともかく、通信さえ確保していれば何とかなるわ。何とかしてみせるわ」

川口「被害状況は」


マヤ「はい・・・くっ、再び通信断絶。ビーコンすら繋がりません」

川口「まずいな。ビーコンが使えないとなると、どうする真田」


真田「大丈夫です。姿勢制御していれば、いずれアンテナは地球に向きます
   そこを捉えればいいんです」

リツコ「だけど、どうやって」

真田「不眠不休の総力戦に決まってるだろ。最大低周波から最大高周波の範囲で全てのチャンネルを探るんだよ。はやぶさの現在のチャンネルに合致して尚且つアンテナが地球に向いていればキャッチするはずだ」

マヤ「あまりに原始的すぎます。ざっと計算しても半年近くかかる作業です」

真田「だから?」

マヤ「だからと言われても・・・」

真田「嫌なら俺一人でやるし」

ミサト「副司令一人にさせるわけに行きません。総司令含め全員で当たりましょう」

川口「・・・イヤいいけどやるけどね。でも偉いさんだから忘れんなよ」




翌日




マヤ「はやぶさ、低周波域反応ありません」




一週間後

リツコ「今日も見つからないっか・・・」



二週間後


真田「こうも放置されっぱだと機体の損傷が心配だな」


三週間後

ミサト「どこなの。。いったいどこにいるのよ」




一ヵ月後


川口「年も明けたぞ・・・」





2006/01/23


マヤ「ん、今の20秒だけ異常ノイズです」

リツコ「解析して!」

マヤ「はやぶさです間違いありません!」

真田「よし! 場所と状況を送信させろ!」

マヤ「それが、以後30秒は断絶。どうやら50秒周期の20秒しか送信できないようです」

ミサト「20秒・・・か。ノイズぐらいしか送れないわけね」

川口「いいから状況の送信させろ」

マヤ「20秒でやりとりなんて無理です」

リツコ「いえ大丈夫。1秒以上も余裕があるわ」

マヤ「マジすか!」

リツコ「嘘」

ミサト「おいいいいいい」

リツコ「でもなんとかやってみるから、少し時間を頂戴」




その後、スーパープログラム送信にて20秒の連絡報告に成功

結果
バッテリー残量0
11あるバッテリー中4台が使用不能
酸化剤も残量0 

動力はイオンエンジンとその燃料たるキセノンガスが残り僅かあるのみ



ミサト「ぜ、絶望的状況だわ。。これじゃ地球まで帰るなんて不可能じゃないの」
続きを読む


posted by はやぶさ at 22:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イトカワアタック

・・・さん

――――・・・


はやぶささん・・・・




・・・?

誰?


ミネルバさん?



カプセル「JAXAから降下指令がきてますよ」

はやぶさ「カプセルちゃんか。起きたんだ」

カプセル「はいィ。先の騒ぎで目が覚めました!」

はやぶさ「そっか」

カプセル「はいィ! ミネルバさんの分まで頑張っていきまっしょい!」

はやぶさ「うん。僕たちいくしかないもんね。やけくそでいくしかないもんね」

カプセル「しっかりして下さい! 降下100Mまできたら私達の判断で対処しなきゃなんだからしっかりして下さい!」


11月19日



カプセル「40M切りました! マーカー発射域ですよ!」

はやぶさ「はいはい。どうせ失敗するけどね」



はやぶさ、88万人の著名ボール二発目を発射

タッチダウン1.jpg


カプセル「マーカー、イトカワに着弾! 成功です! あれを目印にイクゾGO!」

はやぶさ「あ。ミネルバさんが助けてくれたのかな。いけるかも」


レーダー.jpg


はやぶさ、レーダーでマーカーを探知しながら降下開始

カプセル「翼の下になんかあるよ避けて!! 戻って降下やり直しィ!」

はやぶさ「回避了解! でも戻らないから。これで決める決めてみせる」

カプセル「ダメ! イトカワも自転してるんだよおお! 態勢悪いってえええ!」

タッチダウン2.jpg

はやぶさ「タッチダウンするぐらいなら大丈夫!」

カプセル「早い早い早い! 相対速度殺しきれてない無理無理無理ィ!」

はやぶさ「くっ! サンプルホーンの角度修正!」

カプセル「折れる折れる折れるって!」

はやぶさ「うわああああああああ!」


はやぶさ、イトカワに接地するも二度のバウンドを経て横倒しで不時着。後、停止。

タッチダウン3.jpg

続きを読む
posted by はやぶさ at 22:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミネルバ降下

ミネルバ「さーて、降下したらジャンプしながらイトカワの表面の写真をバンバン撮って送信すっからな」

はやぶさ「あんまりたくさん送られたら僕のサーバーがダウンします」

ミネルバ「ちゃーんと必要な画像かどうか判断診断区別選別して選りすぐりだけ送信すっから」

はやぶさ「さすがミネルバさん! 小さな体でそんな機能搭載してるなんて凄い!」

ミネルバ「よしじゃあ、そろそろダイブの準備に入るわ」

はやぶさ「はい。JAXAからの投下命令プログラムを走らせます」

ミネルバ「よーしいくぜ!」


降下1.jpg

はやぶさ「ん!」


ミネルバ「どうした!」

はやぶさ「あ、安全装置なの? 自動回避運動が!」

ミネルバ「このタイミングでか! クソ!」


2降下.jpg

はやぶさが回避運動で上昇した体勢のままミネルバ投下


はやぶさ「ああああああああ!」

ミネルバ「うろたえるな! 大丈夫だこの程度の誤差!」


ミネルバ(大丈夫だ。イトカワの重力圏内に入りさえすれば降りられる――はず)

降下3.jpg続きを読む
posted by はやぶさ at 22:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小惑星イトカワ


一ヶ月後


ミネルバ「イトカワまだかよ。後何年、何日、何時間航行すりゃ着くんだ」

はやぶさ「もうそろそろだと思うんですが、なにせ小さい惑星なので見逃さないよう注意しましょう」

ミネルバ「ふん、時にはやぶさ。宇宙はいつ生まれたか知ってるか」

はやぶさ「え? そりゃアレでしょ。ビッグバンが起こった時でしょ」

ミネルバ「150億年前。そこから時間も流れ出し生命も神も存在を開始した」

はやぶさ「誰かの仮説?」

ミネルバ「仮説じゃない。有力な仮説さ」

はやぶさ「やっぱ仮説なんだ。。じゃあその前は何があったの?」

ミネルバ「それは知らねーし、仮説も科学者が納得するための妥協策で正解かは怪しいもんさ

はやぶさ「宇宙の神秘ですね」

ミネルバ「科学と神秘は対極だぜ。つーか、私は科学者じゃないから更に進んだ仮説を立てるね! 宇宙と言いながら巨人の腹の中かも知れねーと私は考えるね

はやぶさ「それは奇天烈すぎますよ」

ミネルバ「んにゃ、地球が巨人の一細胞かも知れないし、人間はそこに寄生してるサラダ虫かも知れねーぞ。腹の中から出たら、そりゃ全然違う世界が広がってっかも」

はやぶさ「ブラックホールから出る気ですか? 僕は遠慮します」

ミネルバ「ブラックホ−ルねえ。あれは正確には穴は空いてない。凝縮されまくって超重力を得た何かだ。私の仮説になぞらえれば、癌だな。ブラックホールが増えたら私達の母体たる巨人は死ぬ。当然私達は全滅だ」

はやぶさ「死にたくないよ!」

ミネルバ「だから仮説だって。それにずっと先の話さ。まだまだ時間はある」

はやぶさ「そういえば時間てずっと続くの? 150億年前からも流れてるんじゃないの?」

ミネルバ「時間てのはしょせんは概念だ。確固たる質量を有して存在してるわけじゃない。そんなの考えるだけ正に時間の無駄だ」

はやぶさ「・・・・・・」

ミネルバ「ん、ちょい難しかったか」

はやぶさ「・・・・・・」

ミネルバ「おい、返事ぐらいしろよ!」

はやぶさ「あ。あれ、あれ星なの? あれがイトカワ・・・」

ミネルバ「いやーあの形――予測と少し違うが、イトカワだろ!」






2005年 9月 12日

出発から二年四ヶ月



マヤ「はやぶさから入電! いとかわを捉えました」

川口「メインモニターに回せ!」



中央スクリーンに浮かび上がる惑星イトカワ

83031-00008.jpg
(イトカワの画像



リツコ「まさかこれがイトカワなの」

ミサト「これ・・・ラッコ。。」

マヤ「はやぶさからに情報を分析します
    直径およそ500M。自転周期は12時間
    大岩の点在は確認できますが、クレータが見当たりません」

真田「馬鹿な! クレーターが無い惑星だと! しかもこの形状、どこに着地できるんだ」

リツコ「星はすべからく丸いはずなのに。なんなのイトカワ」

ミサト「いんや火星にも丸くない惑星が・・・」

リツコ「お黙り!」

続きを読む
posted by はやぶさ at 22:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はやぶさ発進


2003年 5月9日


ミサト「はやぶさ発進!」

鹿児島からM-V-5ロケットにて打ち上げ

3億KM離れた惑星「イトカワ」とランデブーし、地表サンプルの持ち帰りを目指す



リツコ「四機あるイオンエンジンの内、一機の出力上がりません」

川口総司令「構わん。続行だ」

真田副司令「これ以上、予算と時間を浪費しては老人方が黙ってないからな」

ミサト「三機ども問題無いのですか?」

真田副司令「一機でもいけるぐらいだ。調子の悪いエンジンは予備の位置づけな」

マヤ「MV5からの切り離し及びソーラーパネル展開全て順調」

ミサト「よし、いける!」





簡単な解説

イオンエンジン
従来の科学エンジンの10倍の燃費を誇るエコエンジン
人のため息程のパワーしかないので無重力においても高速域に達するまで時間がかかる
宇宙専用のエンジン
燃料はキセノンガス

ソーラーパネル
はやぶさの翼
太陽発電しながらガスの消費を抑えて航行する

続きを読む
posted by はやぶさ at 22:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。