2011年10月01日

科学者達

マヤ「ああああああああああ!」

ミサト「どしたの!」

マヤ「はやぶさの化学スラスター全損!」

ミサト「何ですって!」

マヤ「更に燃料ガスが漏れ出してます!」

リツコ「まずいわねそれ。宇宙でガス漏れはつまり」

マヤ「機体が凍りつき始めてます!」

真田「ヤバいぞ、アンテナの角度だけでも維持できんのか!」

マヤ「・・・はやぶさ、応答ありません。完全に通信断絶」

リツコ「通信断絶で失敗て、のぞみの二の舞じゃないの」

ミサト「ここまできて何て事なの!」



川口「真田・・・どうでる」

真田「もはや待つしかありませんな。こういう時の為に自動的に態勢を制御するよう作ってある」

ミサト「つまり?」

真田「はやぶさ自身である程度復旧、制御するはずだ。姿勢が安定すればヤツが送信してくるだろう」

リツコ「この事態を想定してたってわけ?」

真田「まさかな、惑星間空域での行方不明イコール消失なのでな。少しいじっていたのさ」

川口「ならばビーコン通信に切り替えろ。何としてもはやぶさの位置を割り出すんだ!」
 

マヤ「ビーコンでの回線、不安定ですが繋がりました!」

ミサト「生きてたのね!」

マヤ「被害状況とイトカワタッチダウンの詳細は送られてきましたが、未だ居場所を特定できません」

リツコ「ともかく、通信さえ確保していれば何とかなるわ。何とかしてみせるわ」

川口「被害状況は」


マヤ「はい・・・くっ、再び通信断絶。ビーコンすら繋がりません」

川口「まずいな。ビーコンが使えないとなると、どうする真田」


真田「大丈夫です。姿勢制御していれば、いずれアンテナは地球に向きます
   そこを捉えればいいんです」

リツコ「だけど、どうやって」

真田「不眠不休の総力戦に決まってるだろ。最大低周波から最大高周波の範囲で全てのチャンネルを探るんだよ。はやぶさの現在のチャンネルに合致して尚且つアンテナが地球に向いていればキャッチするはずだ」

マヤ「あまりに原始的すぎます。ざっと計算しても半年近くかかる作業です」

真田「だから?」

マヤ「だからと言われても・・・」

真田「嫌なら俺一人でやるし」

ミサト「副司令一人にさせるわけに行きません。総司令含め全員で当たりましょう」

川口「・・・イヤいいけどやるけどね。でも偉いさんだから忘れんなよ」




翌日




マヤ「はやぶさ、低周波域反応ありません」




一週間後

リツコ「今日も見つからないっか・・・」



二週間後


真田「こうも放置されっぱだと機体の損傷が心配だな」


三週間後

ミサト「どこなの。。いったいどこにいるのよ」




一ヵ月後


川口「年も明けたぞ・・・」





2006/01/23


マヤ「ん、今の20秒だけ異常ノイズです」

リツコ「解析して!」

マヤ「はやぶさです間違いありません!」

真田「よし! 場所と状況を送信させろ!」

マヤ「それが、以後30秒は断絶。どうやら50秒周期の20秒しか送信できないようです」

ミサト「20秒・・・か。ノイズぐらいしか送れないわけね」

川口「いいから状況の送信させろ」

マヤ「20秒でやりとりなんて無理です」

リツコ「いえ大丈夫。1秒以上も余裕があるわ」

マヤ「マジすか!」

リツコ「嘘」

ミサト「おいいいいいい」

リツコ「でもなんとかやってみるから、少し時間を頂戴」




その後、スーパープログラム送信にて20秒の連絡報告に成功

結果
バッテリー残量0
11あるバッテリー中4台が使用不能
酸化剤も残量0 

動力はイオンエンジンとその燃料たるキセノンガスが残り僅かあるのみ



ミサト「ぜ、絶望的状況だわ。。これじゃ地球まで帰るなんて不可能じゃないの」
続きを読む


posted by はやぶさ at 22:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。